AGAの特徴

agaは男性ホルモンの過剰分泌が主な原因と考えられており、若い男性や女性でも発症することがあるのが特徴的です。

薄毛が進行する所は、生え際の両側や頭頂部、前頭部などが特に多くなっており、前髪が薄くなってきたと気になるようであれば、agaを疑ってみる必要があります。

agaの怖いところは、治療をしなければ薄毛が進行していくという点です。

aga専用の治療を行うとともに、頭皮の環境を改善するために食事や生活習慣、シャンプーの方法なども見直して、髪の毛が抜けにくく、生えやすい環境づくりを行います。

早めに治療を続ければ、それだけ改善の見込みもありますので、前髪が少ないのではないかと気になりだしたらすぐ相談しましょう。

AGA治療にはどんな種類があるの?

agaの治療の代表的なものは、飲む育毛剤といわれるフィナステリドを配合したプロペシアなどの内服薬、ミノキシジルなどを配合した外用薬の処方です。

プロペシアは男性ホルモンの過剰分泌をコントロールするもので、飲み続ける間は男性ホルモンから生成される薄毛の原因物質(DHT)の働きを抑えることができます。

また、髪の成長力を高める育毛メソセラピーやHARG療法もaga患者に人気があります。こちらは髪が本来持っている発毛力を高め、髪の毛を元通りに増やしていく治療です。

さらに、頭皮の環境改善のためのヘッドスパ、即効性のある植毛手術などを行っているクリニックもあり、患者の希望や薄毛の状態などに応じて、治療方法を選んでいきます。

自分に合った治療法を選ぼう!

agaは遺伝的な原因のほかにも、ストレスや生活習慣の乱れなど、様々な要因が考えられます。

しかし、近年ではaga専門のクリニックで幅広い治療を受けられるようになっており、抜け毛の進行を抑え、以前のように健康な髪の毛を取り戻せた人も少なくありません。

クリニックによって受けられる治療は異なります。
検査やカウンセリングで薄毛が進行した原因を突き止めてもらい、自分だけのオリジナルカクテルや薬、そしてメソセラピー、ハーグ療法などとの併用、定期的なヘッドスパなど、自分の症状に合わせての治療法を提案してもらえます。

多少時間はかかりますが、近年ではagaによる薄毛はかなりの確率で改善できるという考え方が主流になっています。

まとめ

このように、agaの兆候を発見したら、一度クリニックできちんと検査を受けて早期治療を受けるのが進行を早めに防ぐ最善の方法です。前髪のほかにも、頭頂部や前頭部が薄くなってきたと感じたらカウンセリングを受けてみましょう。