AGAになってしまう主な原因を知ろう!

AGAが他の薄毛と違うところは、男性ホルモンの影響を強く受けることです。ホルモンの分泌量は遺伝によって決まってしまう部分が大きいので、セルフケアだけでは対処が難しいです。男性ホルモン以外の原因も関係していますが、割合としては多くはありません。ホルモンバランスを正常化していく対策が必要であり、医薬品や投薬による治療をするのが一番効果的でしょう。セルフケアの効果を実感できない場合は、早めにAGAの専門クリニックで受診してください。

遺伝以外の原因としては乱れた生活習慣全般があり、これは健康診断の数値を見れば大体判断できるでしょう。肥満や脂質異常症などはいずれも頭皮には悪いため、改善していく必要があります。身体に多くの脂肪を蓄えていると、血液がドロドロになってしまいます。それによって毛母細胞への影響が届きにくくなるので、髪が痩せていくわけです。全体的に弱々しい髪に変わってきたら、生活から見直していきましょう。

市販の育毛剤でAGA対策って出来るの?

市販の育毛剤を使用することでAGAを遅らせることはできます。予防対策としては効果的であり、薄毛になる前から使用することができます。育毛剤のほとんどは医薬部外品であり、発毛よりも予防をコンセプトにしているのです。

抜け毛を増やさなければ髪が減ることはなく、薄毛になることはないのです。育毛剤で対処が難しいケースは、すでに薄毛が進行を始めている場合でしょう。日に日に薄くなっている状態にあるなら、発毛効果の高い医薬品を使用してみましょう。

医薬品とは発毛剤のことであり、育毛剤より高い発毛効果があります。発毛剤はドラッグストアに販売している商品のほか、主に薬局でしか入手できない商品があります。後者は発毛剤の中でも薬効が強く、薬剤師の許可を得ないと購入することができません。

薬局以外で入手するルートとしては、通販サイトを活用する方法がありますが、同様に薬剤師の許可を得ることが必要となります。メールはWEBで薬剤師の判断を仰いでから購入を決めてください。

AGAを治療する方法とは?一体どんな方法があるの?

AGAを治療する方法は、セルフケアと治療にわけられます。セルフケアで一番効果的な方法はミノキシジルの使用であり、発毛剤として取り入れることができます。

頭皮の血行を促進して毛母細胞を元気にすることで、髪を太くすることができるのです。ある程度進行しているAGAに関しては、医療機関で治療を受けるのが好ましいです。

AGAは他の薄毛よりも進行しやすく、放置しておくと大量に髪を失ってしまいます。

医療機関でもミノキシジル配合の発毛剤を用意していますが、市販品よりも有効成分が多くなっています。プロペシアの投薬も行っており、男性ホルモンを抑制することでAGAの進行をストップさせることが可能です。

中度を超える薄毛の場合は、自毛植毛という選択肢が一番てっとり早いでしょう。薄くなっていない部位から植毛ドナーを採取して、薄くなった部位に移植していきます。

植毛後の自毛は何事もないように伸びてくれるので、現在において最も確実かつ効果的なAGA治療と言われています。

悩んだらAGA専門クリニックに相談しに行こう!

薄毛に悩んだら、一番よいのはAGA専門クリニックに相談しに行くことです。これにより原因をほぼ間違いなく特定できますから、今後のセルフケアも有利になるでしょう。

AGAの原因は遺伝や男性ホルモンによるものですが、セルフケアを無視してよいわけではありません。間違ったケアを続けていると多くの髪を失うことになるので、間違いを正すためにも無料カウンセリングを受けておきましょう。

皮膚科でも受けることができますが、一番よいのはAGAの専門クリニックです。

髪や頭皮・毛根のチェックをするだけでも薄毛の原因を特定できますが、一番確実なのは血液検査です。具体的に生活習慣をどのように変えるべきかアドバイスを受けることができるので、薄毛の進行を止めるために役立ちます。

AGA対策と言えば発毛ばかりに目が行くでしょうが、それ以前に抜け毛を止めていく必要があるのです。抜け毛が減少して頭皮サイクルが正常になって、はじめて発毛が可能になります。